中小企業診断士

経営コンサルタント系の資格では唯一の国家資格

中小企業診断士は中小企業支援法という法律にもとづき、経済産業大臣が登録を行います。

業務内容は、中小企業に対しての経営の診断及び経営に関する助言です。
日本の場合は中小企業が多いです。
しかし、今まで経営で相談できるような場所というのは限られていました。
そのため、今後もニーズは増加していくと考えられています。

求人に応募する際、必須資格になっていることはわりと少ないです。
しかし、ニーズの拡大からも今後は関連する事務所などでさらに求人が増えると予想されています。
資格の取得によって有利になることは間違いありません。

実際の試験は1次試験と2次試験に分かれています。
1次試験では経営学や経済政策、財務や会計の能力が試されます。
オペレーション・マネジメントなど7つの科目に挑戦します。

2次試験では実際に実務の事例を扱うことになります。
人事やマーケティング・流通、生産・技術、財務・会計などです。
より実践的な能力が求められます。

両方の試験に突破する必要があるのですが、1次試験に合格するとその年と翌年は1次試験の免除を受けることができます。
また、科目合格の制度もあります。
こちらは翌年、翌々年に申請することで免除の対象となります。

つまり、実際の期限は3年間となります。
3年間で7科目に合格すれば1次試験の突破となります。
しかし、3年以内に突破しないとこれら免除の資格は消えてしまうので、できれば3年以内の突破を目指したいところです。

合格率は高くない

気になる合格率は1次試験が15~20%程度です。
2次試験では10~20%程度となります。
しかし、実際には科目合格者の分も含まれるため、一発での合格を目指すとなると更に合格率は下がるかと思います。

一度に合格する必要はありません。
しかし、2次に進むためには7科目全てに合格しなければなりません。
そして、期限もあります。
そのため、独学だけでの合格は人によってはかなり困難となるでしょう。

やはり専門のスクールに通うか、社会人の方であれば時間が無いのでせめて通信講座を選びましょう。
良質にまとめられたテキストを使うことによって、勉強の効率も上がります。