DTPエキスパート認証制度

DTPエキスパート認証制度について

DTP というのは、こちらの業界に携わっている方でなければ意味の分からない言葉かもしれません。
DTPというのは、印刷物のことを意味しているのですが、こちらのDTP エキスパート認証制度というものについてご説明します。

DTP エキスパートはさまざまな印刷物に関して当然ながら専門的な知識、そして技術などを持って取り組んでいくというものになっています。
単純に印刷物に関しての技術を持っているというだけでなく、専門的そして、エキスパートと呼ばれるだけのスキルを持っている方でなければDTP エキスパート認証試験に合格することはできません。

一つのカリキュラムをクリアするということを目的にしており、こちらのカリキュラムを教育としてしっかり受けた、といった証になるものです。
そのためDTP エキスパート認証試験の合格者は印刷業界において、プロフェッショナルな知識と技術を持つ存在になります。

有効期限内に更新すると良い

DTP エキスパート認証試験には合格した後の有効期限があります。
様々な技術には変化が訪れますので、2年間を有効期限として定めています。
この有効期限の中で更新試験を受けることが必要となっており、更新試験を受けて合格しないと有資格者として活躍することはできなくなります。

また、2回以上更新試験で合格した方にはゴールドカードが発行されることになっており、その分より新しい技術などを身につけているということが証明されるものです。
DTP 業界では様々な方向性が問われているのですが、単純にモデルを追い求めるだけでなく現実世界の問題解決ということに視点を当て、方向性を考えていかなくてはならないことも事実。
そういった方向性に基づきながら、前述したカリキュラムをしっかりとこなしDTPの分野における様々な知識を持つことも求められます。

在宅でもしっかりとした収入が得られる

DTP エキスパート認証試験に合格すると、エキスパート認証制度に基づいて働くことができます。
最初にお話したとおりDTPというのは印刷業界になりますが、どこかの企業で働くといった形だけでなく在宅でも収入が得られる可能性が高くなるでしょう。

現在のようにインターネット社会では多くのDTP案件などが普及しており、ある程度の機材などを準備することができれば自宅でも次々に仕事を受けることができます。
そういった中で実践を積み、キャリアを重ねていくことによって舞い込んでくる仕事も大きなものになります。

あえて起業などをせず、自宅で働きながら安定収入を得るといったエキスパートも増えています。
もちろん安定した収入を得るまでにはしっかりと下積みをしなければなりませんが、そういった下積みに関しては有資格者となった後、大手印刷会社などで働くことや、その他にも制作会社で働く事で実現するでしょう。