行政書士

行政書士ではないとできない仕事もあります

行政書士というのは、業務独占資格に含まれます。
簡単に言ってしまえば法律のプロフェッショナルです。
プロフェッショナルであることを証明するために、専門のバッジも存在しています。
参考記事⇒行政書士であることを証明するためのバッジ|NAVERまとめ

現代では、法律に関係したお悩みを抱えている方も増えてきました。
しかし、弁護士などのプロにお願いすると費用も莫大になります。
そこで、身近な法律の専門家として近年さらに注目を集めている業種でもあります。

こうした声に応えるように、行政書士が対応する仕事の範囲というのは年々広がりを見せています。
仕事の範囲が広がれば、それだけ活躍できるチャンスも増えていくでしょう。

難易度があがっています

気になる難易度ですが、ここ数年で一気に上昇しました。
今まで法律系の資格の中では比較的取得しやすい印象もあったのですが、現在では難関資格の1つとして数えられるようになりました。
法律系の大学を卒業した方でも、取得するのが難しくなっています。

そのため、自分でテキストを購入しての独学ではかなりの時間がかかってしまうと予想されています。
最低でも通信講座による勉強か、できればスクールに通っての勉強が望ましいです。

仕事の範囲も拡大しています

しかし、難易度が向上しただけではなく、前述のとおり仕事の範囲も拡大しています。
一般的に、資格というのはある程度取得者が増えると試験の難易度が上がる傾向があります。
行政書士の場合、単純に今後のニーズに合わせている形になるでしょう。

今後、行政書士が活躍できる場所が増えるということは、転職や就職の面でさらに有利になります。
自身のスキルアップのためにも最適な資格といえるでしょう。
難関資格を取得すれば、それだけでも評価されるのです。

また、将来的に独立したいという場合にも最適です。
仕事の範囲が広がったことでより独立した後の安定性も増すのではと考えられています。

また、現在の仕事には関係がないという場合でも、法律の知識を身につけることで生活にも役立ちます。
そのため、何か真剣に取り組んで資格を取得したい、という方にもおすすめできる資格です。