販売士検定

販売士資格とは

販売士資格とはどのようなものでしょうか?
このお店はいいお店だということを耳にすることがありますが、いいお店というのはどのようなことでしょうか?
感じがいいとか、品物が多いとか、接客がいいとか、さまざまあるのではないかと思います。

しかしながら、単にこれのみでは、今からの流通・小売業界を乗り切ることはできないし、ユーザーの要求に真に対応しているとは言えません。
現在は、ユーザーも厳しくなっているため、専門的な扱っている商品についての知識を持って、接客技術、商品陳列をマスターしていることが一番大事なことです。

また、ユーザーの購買の特性を把握し、ユーザーの疑問についてしっかりと満足できるような説明が可能な知識をマスターすることが必要です。
唯一の流通・小売業界における公的な資格の販売士資格は、流通・小売業だけでなく、卸売業やサービス業、製造業において販売業務に関係する人の場合でも、知識を幅広くマスターするために役に立ちます。

販売士とは

注目を幅広い業種から集めている販売士とはどのようなものでしょうか?
流通・小売業だけでなく、卸売業やサービス業、製造業などで販売業務に関係する人にとって、ユーザーの要求を把握することは、どうしても必要なことです。

唯一の流通・小売業における公的な資格の販売士資格は、幅広い業種の会社から注目されています。
社員に教育の一環で受けさせる会社も多くなっているそうです。
受験会場には、販売業に将来就職したいと思っている学生の姿も最近では目にします。

販売士検定試験とは

どのようなものが販売士検定試験なのでしょうか?
3級から1級まで販売士検定試験はあります。

3級と2級の試験の場合は、小売業の類型、ストアオペレーション、マーチャンダイジング、販売・経営管理、マーケティングの5科目があります。
筆記試験としては70パーセント以上全科目平均で、さらに50パーセント以上1科目ごとの得点があることが受かるための条件になっています。

1級の試験の場合は、面接と5科目で、他のクラスと異なって、問題として記述式のものが出題されます。
また、合格した科目については保留するシステムも設けられています。

検定試験の受験データについてご紹介しましょう。
販売士検定試験を受験する人は、全クラスで約44,000人、一番多い3級の場合には約31,000人、2級の場合には約11,000人、1級の場合には約1,000人になっています。
合格率としては、平成23年度の場合、3級で約52%、2級で約48%、1級で約25%になっています。

学習方法としては、販売士検定試験を受験する場合にはどのようなものいいのでしょうか?
それぞれの地域で行われている販売士養成講習会や、通信教育講座の指定されたものでも学習することができます。
また、学習を独学で行う場合の教材や参考書もあります。