知的財産管理技能検定

知的財産管理管理技能検定のニーズ

知的財産というものを、ご存知でしょうか?
インターネット社会となると現在では、ネット上で起きるトラブルが後を絶ちません。
知的財産というのは特許権などをはじめとして、その他にも肖像権や著作権、実用新案権などというものがあります。

こういった知的財産における最低限の知識を持つということは、インターネットを扱っていく上でとても大切になります。
しかし、インターネットを使用するすべての人が、これら知的財産についての正しい知識を持つのは不可能と言えます。
そこでネット上における様々なトラブルをはじめとして、風評被害などにも専門的な知識を持って対応する役目を持っているのが知的財産管理技能士ということになります。

知的財産管理技能士には2級と3級が存在しているのですが、通信講座でも学ぶことが可能になっており、難易度も比較的易しい資格となっています。
前述したような知的財産についての正しい知識を持ち、小さなトラブルから訴訟問題に関係することまで個人的な相談をはじめとして企業全体でのリスクを軽減するために活躍していきます。

ネット社会では求められることが増える

上でも話しているとり、昨今のネット社会では様々なトラブルがあります。
個人情報の無断記載をはじめとして、その他にも著作権が頻繁に侵害されてしまうなどというのも大きな問題になっています。
著作権をはじめとして、肖像権などをしっかりと考えている企業は知的財産管理技能士の有資格者を求める傾向にあり、人材が足りていない企業に関しても、社内で知的財産管理技能士の資格を取得することを推奨しています。

例えば一つの会社で働く場合であっても、活躍できるジャンルはたくさんあります。
知的財産と言われるものは幅広いため、細かな営業に関して、さらにはWeb 制作や出版物、新商品の開発商品のデザインそして法務部などでも活躍することができるでしょう。

商標登録や特許出願などを積極的に行うことによって、会社には大きな利益をもたらすことができるといったメリットもあります。
トラブルが起きてしまった場合であっても会社の知名度や商品の知名度を高める場合であってもニーズが高く、今後さらに需要の高くなる資格といえます。

風評被害への対策などで仕事が切れない

知的財産管理技能士になることを目指す場合、個人でも十分活躍することができます。
必ずしも企業に在籍する必要はありません。
なぜならばインターネット社会では多くの風評被害が問題提起されており、こういった風評被害対策を行うのも知的財産管理技能士のお仕事の一つだからです。

風評被害に遭っている会社からの相談に乗ることや、どんな対策があるのかをアドバイスすることもできるでしょう。
素人が風評被害対策を考える場合と違い、専門的な知識を持ってプロとしての立場からアドバイスをすることになります。
そのため、自分の会社を守りたいといった企業や実際に風評被害に遭っている企業などからの依頼は絶えることなく、今後更に増え続けていくでしょう。