医療事務

医療事務資格

医療事務資格は、それほど一般には知られていませんが、国家資格としては、大きく分類すると業務独占資格と必置資格、名称独占資格に分けられます。
この中で必置資格と言われる資格は、事業を行う場合には、必ず特定の資格保持者を事業所などに置く必要があると法律で決められているものです。
そのため、必ず医療事務資格が必要であると考えている人もいるかと思いますが、医療事務資格は実は国家資格ではなく、法律上必ず医療事務の業務をするために必要というものでもありません。

医療事務資格の範囲としては、はっきりした決まりはありません。
歯科医療や純粋な医療の他に、調剤関係の事務や介護医療事務の資格までまとめられています。

このような全ての資格は、運営を医療関係団体や各種の公益法人などが行っている民間の資格で、だいたい資格は30種類以上のものが現在ありますが、公的な国家資格などのものはありません。
大きく医療事務の資格を分けると、医療事務の資格、医師事務作業補助者、医療秘書の資格、診療情報管理の資格、医事コンピュータ資格、調剤事務の資格、介護事務の資格になります。

医療事務の仕事

医療事務の仕事というのはどのようなものなのでしょうか?
健康保険による診察を病院などで受けた場合には、健康保険で決められている負担率で医療費を支払います。

この場合、健康保険組合から患者が負担する費用以外の費用は病院に支払われます。
このようなことが健康保険が適用される場合の診療費用の制度ですが、この手続きは決められたもので病院側が行うように決められています。

一般的に診療報酬の請求明細書のことをレセプトと呼んでいます。
このレセプトを作ることが、主な医療事務を担当する人の仕事になります。

保険請求事務というのは、レセプトを健康保険組合に提出する手続きのことで、処方される薬や医師の診察については保険点数が個々に決まっており、保険機関と患者が支払う金額はこの点数によって決められます。
医療事務を担当する人は、点数早見表などを参照して医師が書いた薬品名や処置内容を正しく確認・記録する必要があります。

このように、 医療事務を担当する場合には、保険請求の事務の他にも専門的な医療についての書類やさまざまな医療保険、医薬品についての知識なども必要になってきます。
このような基礎的な知識をマスターするためには、勉強を専門の医療事務の学校などで行っておくのがおすすめです。
医療事務を担当する人は、病院の社員として仕事をしたり、派遣会社から病院に派遣されて仕事をしたり、アルバイトやパートタイマーとして仕事をしたりなど、いろいろなスタイルで仕事をすることが可能であることも特徴の一つになっています。