ITパスポート

ITパスポートとは

ITパスポートというのはどのようなものなのでしょうか?
全てのITを利用する学生・社会人が取得しておく必要があるような、ITについての基本的な知識を有しているということを証明することができる国家資格です。

ITというのは現在の社会において非常に深く浸透しており、ITがなければいかなるビジネスも成り立ちません。
それほどITは、現在の世の中においては非常に大切な存在であると言えるでしょう。

現在では、いかなる職種・業種の場合でも、経営全般とITについてのトータル的な知識が必要です。
ITについての基本的な知識を有していなければ、技術系・事務系、理系・文系に関係なく、企業で仕事をすることはできません。

ますます、ITの高度化、グローバル化は加速してきており、企業は英語力を有していると同時に、IT力を有した人材を希望しています。
そのためには、ITパスポートが必要なのです。

>ITパスポートの資格試験

具体的なITパスポートの試験内容は、マーケティング、経営戦略、法務、財務など全般の経営についての知識、ネットワーク、セキュリティなどのITについての知識、プロジェクトマネジメントについての知識などトータル的な幅広いジャンルの知識が問われるものです。
この資格を取得すると、正しくITを理解して、効果的に仕事にITを利用することができるようなIT力をマスターすることができます。
2009年のスタート以来、ITパスポートの資格試験は、応募者数が累計で50万人をオーバーしており、学生から社会人まで幅広い世代からサポートされています。

企業において、ITパスポートは、幅広く社員を育成するために利用されており、エントリーシートへ記入することを採用活動の場合に要求する動きが拡大するなど、積極的に多くの企業で利用されています。
高校や大学においては、授業をITパスポートのシラバスに沿って行うようなところもあり、合格をサポートするための講座を設けるところも多くなってきています。

ITパスポートは必要なパスポート

社会で仕事をするためにはどうしても必要なパスポートがITパスポートです。
強い思いがITパスポートという名称には込められています。

パスポートというのは、身分を証明するものとして、世界に日本から羽ばたく場合に必要です。
同様に、ITパスポートは、社会人としてIT化が進んできている現在の社会に羽ばたく場合に、必要な基本的な能力を持っていることを国として証明するパスポートとして誕生したものです。

今から社会に羽ばたく学生や、現在社会で仕事をしている社会人に、ぜひチャレンジして欲しいのがITパスポートの試験です。
仕事をする場合などに、ITパスポートの資格を取得すれば、効果的にITを利用することができるようになります。