司法書士

司法書士を目指す人が増えている

司法書士が取り扱っているお仕事は非常に様々なものがあります。
法律に基づきながら相続の場面や不動産売買その他にも多くの訴訟問題について仕事の依頼があります。
司法書士というのは弁護士と違っており、基本的には弁護士などが手がける仕事の内容の一部を引き受けるような存在となっています。

直接的に裁判で戦うようなお仕事ではありませんが、裁判をはじめとして法的に必要な書類の作成を行う、または相談を受けてアドバイスをするというのがメインの仕事になってきます。
近年では司法書士を目指す方が非常に多くなっており、国家試験であるにもかかわらず、毎年沢山の人々が受験しています。

1から勉強して最初から司法書士を目指す人もいれば、裁判所での事務官として働いた方や検察事務官として10年以上働いていた方は法務大臣の認定を得ることが可能になっており、こちらの方法で司法書士になるという方もいます。
司法書士になれば独立して働く事も可能ですので、法律に携わる有資格者として多くの人々の助けになるでしょう。

受験するために必要なこと

司法書士になるためには、ごく一部の方々を除き国家試験に挑まなければなりません。
司法書士になるための試験は1年に1回行われており、万が一不合格になってしまった場合でもその後は合格するまでチャレンジすることができます。

合格率そのものは決して高いものではありませんので、難関資格の一つと捉えておきましょう。
仕事をしながら勉強しているのであれば最低でも2年といった時間が必要になります。
また、資格を取るための勉強に専念する場合であっても、最低1年から1年半程度はしっかりと内容を頭に叩き込まなければなりません。

司法書士を目指す方のために専用スクールなども存在していますので、こういったスクールに通いながら勉強をすることもできるでしょう。
試験の内容については、民法や刑法、商法、憲法などが中心となっており、午前中に出題されることになります。

また午後に関しては不動産登記や商業登記などをはじめとして、司法書士になって実際に働いていく上で必要となる知識を問うテストが行われます。
このような筆記試験に合格した際には、その後に口述試験があり、こちらに合格することによって晴れて司法書士として活躍できるようになります。

独立すれば将来も安定?

司法書士は非常に多くの方々が受験するのですが、毎年司法書士としての試験合格者は1000人にも満たないといったデータがあります。
こういった中で司法書士のニーズが高いのは言わずもがな。
難しい試験ではあるものの、合格することによって自分の将来が開ける又は安定する事は間違いありません。

例えば法的なトラブルを抱えており、悩んでいるという方の場合にも、弁護士に相談し、様々な費用が必要になるより最低限の費用で書類を作り対処していくという選択をします。
こういった部分からもトータルで扱う金額が少ないケースに関しては、弁護士よりも司法書士に依頼する方々がほとんどです。
労務における問題から相続における問題まで、持てる知識と経験を使いながら自分自身の将来を安定させることができるでしょう。