公認会計士

数字面、倫理性なども求められます

公認会計士の仕事では企業の会計や税務、それから監査まで大きな範囲を担当する形になります。
数字の面だけではなく、倫理性など他の面でも高い能力を要求されます。

公認会計士の試験では、名前から会計面での内容が多いかと思われがちです。
しかし、実際には法律や倫理はもちろん、学術においても造詣を深くしなければなりません。
つまり、それだけ全体的に質の高い能力が要求される資格なのです。

これは近年更にそういう傾向を強めています。
以前は会計学や監査論だったのですが、近年では民法や経営学、統計学も選択科目に含まれるようになりました。
つまり、求められる知識の幅がより広くなっているといえるでしょう。

暗記勝負ではありません

公認会計士の試験に合格するためには、ただの暗記では太刀打ちできません。
それよりも物事を総合的に判断し、理解していく判断力と理解力の高さが求められます。
現場でどのように対応していくのか、思考力の高さも重要です。

jugyouそのため、自主学習だけでは合格するのはかなり難しいといえるでしょう。
また、合格できたとしてもかなり時間がかかってしまうこともあります。
難関資格ではそもそもの勉強法が間違っていれば、何年も無駄にしてしまう可能性も少なくはありません。

そこで、より効率的に勉強をすることが重要なのです。
幸い、三大国家試験と呼ばれている公認会計士も試験内容が新しくなったことで難易度が少し下がりました。
しかし、資格試験の内容というのは常に一定ではありません。
時代のニーズに合わせて変化しているのです。

一部免除制度も実施され、合格しやすくはなりました。
しかし、公認会計士の場合は資格の取得までにスピードを求められるケースも多いのです。
それは、監査法人への就職を目的としている方も多いからです。

監査法人への就職は非常に魅力的です。
そのため、就職や転職を狙っている方も多いです。
しかし、よほどの実績がない場合は若い方でないと不利になることもあります。
そのため、スピードが必要とされるのです。

しかし、数ある就職先の中でも非常に魅力的なのです。
それだけ狙っている方も多いということですね。
もちろん公認会計士の資格があれば有利になります。
監査の仕事をする際に必ず必要となる資格だからです。

このように、公認会計士の資格試験は難易度が若干下がったものの、より広い範囲の知識を要求されるようになりました。
とっさの判断力が求められるようになっているのです。
それだけに、効率よく勉強することが大切でしょう。