基本情報技術者

情報処理技術者試験は、国家試験の1つです。経済産業省の所轄に該当し、情報処理推進機構が試験の実施を委託されています。スキルレベルが1から4に分けられており、レベル4は9つの区分に分けられています。つまり、合計で12の試験に区分分けされています。

独占業務ではなく、能力を認定する試験です。しかし、IT系の企業では必須のスキルです。そのため、この試験への合格を入社の必須条件にしている会社も少なくはありません。IT業界で働く方にとってはまさに必須といえる試験です。

以前は日本情報処理開発協会が試験を実施していました。その頃に比べると区分の名称も異なっています。また、全ての試験において合格率が上がっています。ある意味今が受験のチャンスといえるでしょう。

情報処理技術者試験には受験制限がありません。つまり、誰でも受験することができます。また、自分のレベルに合った区分を選んで受験することができます。スキルレベル4の試験だけを受けている方もいます。

実際の試験で重要視されるのは、主にスキルレベル2の基本情報技術者からです。レベル1にはITパスポートが該当します。しかし、これはITに関する基本的な知識が範囲です。そのため、IT業界では評価の対象にはなりません。

もちろん、順番に合格したいという方もいるでしょう。また、IT業界以外を狙っている方であれば最低限の知識として評価してもらえることもあります。ただし、業界で評価されるのはレベル2からだと覚えておくと良いでしょう。

レベル3になると、応用情報技術者となります。基本よりももっと踏み込み、高度なIT人材としての能力が求められます。今後の方向性を確立するためにも取得しておくと良いでしょう。

レベル4ではITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、プロジェクトマネージャ試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャ試験、システム監査技術者試験に分かれています。

最終的にはレベル4の資格を目指している方が多いです。それぞれがスペシャリストレベルで難易度は高いです。しかし、IT業界からは高く評価されることが多いです。