危険物取扱者

危険物取扱者

危険物取扱者の資格についてご紹介しましょう。
施設において危険物取扱者が必要なのはどのようなところがあるのでしょうか?
一定の数量以上危険物を貯蔵したり、あるいは危険物を取り扱ったりするようなガソリンスタンド、化学工場、タンクローリー、石油貯蔵タンク等の施設には、必ず危険物取扱者を危険物の取り扱いのために置く必要があります。

どのようなものが危険物取扱者の仕事内容なのでしょうか?
仕事内容としては、全ての種類の危険物に関して取り扱いと保安の監督、定期点検ができることです。

乙種危険物取扱者の仕事内容は、指定の種類の危険物に関して取り扱いと保安の監督、定期点検ができます。
また、危険物取扱者の資格を取得していない人でも、甲種危険物取扱者あるいは乙種危険物取扱者が立ち会う場合には、定期点検と取り扱いを行うことができます。
特定のガソリン、軽油、灯油、重油などの危険物に限って、定期点検と取り扱いができることが丙種危険物取扱者の仕事内容です。

どのようなものが危険物取扱者が受講する義務があるのでしょうか?
危険物の取り扱い作業をガソリンスタンドや化学工場などで行っている危険物取扱者は、危険物取扱作業に関する保安についての新しい技能、知識をマスターするため、都道府県知事が実施する講習を決められた期間ごとに受ける必要があります。

危険物取扱者の試験

どのように危険物取扱者の試験は実施されているのでしょうか?
危険物取扱者の試験の願書の受付、受験資格者の審査、試験は、東京都の中央試験センターとそれぞれの道府県支部で行っています。
実施する危険物取扱者の試験の日時、種類などに関しては、東京都の中央試験センターとそれぞれの道府県支部へ直接確認してみましょう。

危険物取扱者の資格はどのような種類があるのでしょうか?
資格としては3種類あり、甲種、乙種、丙種に分類され、取り扱うことができる危険物がそれぞれ違っています。

全ての第1類から第6類の危険物を、甲種の危険物取扱者の資格の場合は取り扱うことができます。
試験に受かった危険物の類を、乙種の危険物取扱者の資格の場合は取り扱うことが可能になります。
指定された乙種第4類の内の危険物だけを、丙種の危険物取扱者の資格の場合は取り扱うことができます。

このような資格の中では、特に乙種第4類の人気が最もあります。
ガソリン、軽油、灯油等が、この資格を取得すると、ガソリンスタンドで取り扱うことができるようになります。

試験の合格基準はどうなのでしょうか?
それぞれの試験科目ごとに60%以上の成績であれば合格になります。

試験の合格発表はどうなのでしょうか?
合格した人の受験番号が公示されるとともに、受験した人には直接合否の結果の連絡があります。