パソコン整備士検定

パソコン整備士検定が人気

パソコンを使う企業がどんどん増えていますが、こういった企業だけでなく、近年では教育機関においても、パソコンを使用することが増えてきました。
小学生の授業でもパソコンを使用するということが珍しくありません。

このようにさまざまな場面でパソコンを使用する上で、パソコンに対してのプロフェッショナルな知識を持つ人材がいなければ、万が一のトラブルに対処することができません。
そういった中、この数年で特に注目を集めている資格の一つに、パソコン整備士検定というものがあります。
こちらは民間資格になりますが資格を持っていることによって、フリーランスとしても働くことができ、なおかつある程度の安定した収入を得ることができます。

ソフトウェアやハードウェアだけでなく、個人情報の管理下にはパソコンシステムのさまざまなシステムに関して詳しい知識を持つという立場になります。
パソコンメーカーをはじめとして、その他にも行政機関や教育機関などでのニーズも高く、大手企業のメンテナンス要員として働くこともできます。

資格には三つのレベルがある

パソコン整備士検定には三つのレベルがあります。
3級から受験することになりますが、3級では個人がパソコンを利用する際のトラブルの原因についての知識、その他インターネットを活用する上での最低限のマナーなどを取得するという内容になっています。

2級に関しては彼でパソコンを利用する際に、複数台のパソコンを同時に使用する場面で必要な知識や技術、さらには情報論理、関連法規に関する基本的な知識となります。
さらに一級は難しくなり、企業内で無線LAN などを使用する際の構築、ソフトウェアの導入や管理およびトラブルが起きてしまった時の対応知識と技術情報論、またこの他にも個人をはじめとした企業での情報セキュリティ技術といった内容です。

一度に一級までを受験し合格するのは難しい事ですが、3級から一つずつ学んでいくことによって、最終的には本当の意味でエキスパートとされる一級試験に合格することもできるでしょう。
前述の通り様々な企業でのメンテナンス要員としてだけでなく、パソコンを使用する教育機関での教育担当として働くこともできます。
またパソコンについて様々なことを覚えたいという方を対象にして、パソコン教室などを開き、インストラクターとしても働いていけるでしょう。

企業から教育機関まで幅広い職場

こちらの資格を持つことによって、企業から教育機関まで幅広い職場での活躍に期待することができます。
パソコンを導入する企業、そして教育機関などが増えているもののやはり最初にお話したとおり、専門的な知識を持つ方々は多くありません。

例えば、教育機関などであればパソコン導入にあたります。
教員に対してパソコン整備士がまずは様々な指導を行うなどといった取り組みも行われています。