MOS

Windowsを使っている人にオススメ

MOSは、Microsoft Office Specialistの頭文字を取った資格です。
つまり、マイクロソフトオフィススペシャリストのことで、スペシャリストレベルとエキスパートレベルに分かれています。
自分の脳力に合ったレベルを選ぶことが大切です。

まず、スペシャリストレベルは基本的な機能をしっかり理解している必要があります。
一般的に利用するビジネス文書はもちろん計算表などを作成します。
また、それを変更したり印刷などの作業を行うことができます。

ビジネスにおいて必要最低限の知識と技術が求められます

普段仕事でオフィスソフトを用いビジネス文章を作っていれば、難しい資格ではありません。

エキスパートレベルでは、スペシャリストレベルよりも若干難易度が上がります。
スペシャリストレベルの内容も含みます。
更に高度な機能を駆使して快適に作業を行うことができるレベルなのかを求められます。
こちらも同様に難易度は高くありません。

求人を見ていると、ワードとエクセルが使える人材を求めている会社が多いです。
しかし、これはただ文章を打ち込むだけではなくある程度使いこなせるレベルであることが求められます。
実際にはレベルが判断しにくいのです。

そういった時にもMOSは役立ちます。
つまり、業務に最低限必要であるレベルを身につけていることの証明になるからです。
エキスパートレベルを取得しておけば業務上では全く問題はありません。

しかし、あまり難易度が高くない試験といっても不合格になる方もいます。
それは、前述のとおりレベルが判断しにくいからです。
普段よくワードを使っていても、ただ打ち込むだけという場合も考えられます。

そのため、勉強をしないでいきなり受験してしまう方も多いです。
しかし、確実に合格するためには良質なテキストを用い、勉強をしておくと良いでしょう。
間違った使い方をしている、もしくは時間のかかる方法を選んでいる場合もあります。

今や事務系の仕事をする際には必須と言われているスキルです。
そのスキルを証明する資格ですが、難易度はそう高くはありません。
そのため、確実に一発合格を目指したいところです。