CDA資格

CDA資格はどんな場面で役立つの?

CDA資格というのは、キャリアレベルコメントアドバイザーというものになっています。
こちらには認定試験があり、2016年3月末日までにCDA 資格認定試験に合格されている方は、国家資格キャリアコンサルタントに登録することができます。

どのような役割を持った資格になっているのかというとネーミングの通り、キャリアを形成するために活躍するエキスパートということになります。
近年では様々な企業をはじめとして、教育機関などでもキャリア相談などは頻繁に行われており、以前に比べると就職難といった社会情勢や、その他にも不景気社会といった状況などからキャリアコンサルタントのニーズはどんどん高くなっています。
そのため、こちらの資格を持っていると、働ける職場を探すにも大きなメリットがあるでしょう。

需要が高まりつつあり人の役に立てる

CDA 資格というのは前述の通り需要がどんどん高くなっています。
例えば人材派遣をする企業で働きながら、あなたにはこの仕事が合っていますよ、などといったアドバイスをすることができます。

自己責任によるキャリア選択を推奨していくのはもちろんですが、この他にも企業で働きながら専門的なサポート体制を提示するのも仕事のひとつ。
日本よりも先に海外ではこのようなキャリアコンサルタントが次々に活躍しています。
キャリアカウンセリングは今後の日本で非常に重要と言われていますので、今のうちに資格を取得することで活躍でフィールドを広げられるでしょう。

資格を取るにはどうすれば良いの?

こちらの資格を取るためには、どうすればよいのかというと通信教育を始めとして通学コースや専用講座などへの申し込みが必要になります。
また認定試験については一次試験と二次試験が行われていますので、まずは一次試験に合格した上で二次試験にチャレンジするといった流れになります。

2次試験に合格するとジャパンCDA への入会をする必要があり、入会することによって、有資格者として活躍できるようになっています。
こういった流れをしっかりと踏むことで有資格者として立派な職業に就けるでしょう。
通信教育の場合には、およそ3ヶ月程度、専用講座の場合は回数が決められていますので決められた回数に参加しなければなりません。

また通学コースに関してはロールプレイングなどの実践が中心となっており、およそ2ヶ月の中で10日間といった内容になっています。
1次試験では筆記試験が90分間によって行われ、2次試験は実技試験が60分間となっています。

特に二次試験のロールプレイングについては判定ポイントが自己探索の支援などが主な内容となっています。
通信講座を始めとして通学コースなので内容をしっかりと学んでおけば、不合格になってしまう可能性は少なく、合格した後にはキャリアアドバイザーとしての道が開けるでしょう。