色彩検定

色彩検定とは

色彩検定の試験というのはどのようなものなのでしょうか?
幅広く色彩についての技能や知識が試される検定試験が色彩検定です。
色彩についての検定試験で、どのくらい色彩を活用する能力を持っているかを証明するものです。

1990年から色彩を検定する協会において、この色彩検定は実施しています。
この内容が1994年には一つの生涯学習として評価されて、文部科学省で1995年度に認定され、同省が後援する技能検定に2006年度からなっています。
実績としてはすでに20年をオーバーするまでになっており、志願者数は毎年増加しており、120万人を累計ではオーバーしています。

従来から色彩についての技能や知識は、感性のみによるものとよく見られていました。
しかしながら、系統的、理論的に学習することによって、色彩の理論に基づいた実践的に活用する能力を誰もがマスターすることが可能になるのです。

生涯学習ということにふさわしく、志願者は幅広く小学生から年配の人までの年齢層に拡大しています。
後援を文部科学省が行っている検定試験であるため、特徴の一つとしては非常に高校、専門学校、大学、短大等の学生が多いことです。

しかしながら、近年においては、一般的にデザイナーと言われるインテリア、グラフィック、ファッション等の人達から、一般的な職種の販売、事務、企画というような人達まで、幅広く世の中にも受け入れられています。
というのは、全てのモノに色彩があり、全てのこれらに関係する人達が対象になるためでしょう。

また、学校教育においては、ほとんどの場合色彩についての学習は行われることがありません。
このことがかえって、年齢、学歴、性別等に無関係に気軽に誰でも取り組むことができ、ちょっとした日常生活のシーンにおいて活用することができて、楽しく学習することができるというようないい評価につながって、生涯教育として採用されているようです。

色彩についてのプロのことを、カラーコーディネーターというように呼ぶ場合があります。
しかしながら、カラーコーディネーターというのは国家資格のようなものではありません。

色彩検定の級

社会的に色彩についての技能や知識を評価するものさしとして、色彩検定は社会的な認知を確実に獲得しています。
その難易度や程度から1級・2級・3級と級が3つ色彩検定としてはあります。

少し面白そうなので始めてみようかなと思った場合は、色彩の学習をスタートするいい機会かも知れません。
このような場合には、色彩の世界を基礎である3級からまずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
そうして、色彩の世界を3級からまずはチャレンジしてみて、興味があればさらに 2級・1級とチャレンジしてみましょう。