朝勉強しよう

少しでも効率よく勉強するため、勉強をする時間帯にも注目してみましょう。近年では、朝活という言葉があります。朝に勉強会を開いているところも多いのです。では、なぜ朝なのか。科学的な面からご紹介させて頂きます。

まず、起きた状態というのは頭の中がスッキリしている状態です。これは、睡眠中に脳内で情報の取捨選択を行っているからです。つまり、必要な情報かどうかを判断し、必要ないと判断された場合には忘れてしまうのです。

私たちの脳では、毎日この活動を行っています。朝に海馬に少しの空きがあります。しかし、1日を過ごす中で新しい情報を取り入れます。その結果、夜になると海馬は段々容量不足になってしまいます。

ぎゅうぎゅうに詰められた状態に無理やりねじ込むのと、少しでも空いている状態に入れるのでは、記憶のしやすさが異なります。そのため早朝の勉強は適していると言われているのです。

ちなみに、朝に勉強をするといってもより効果があるのは朝食を食べる前です。扁桃体は、適度な飢餓状態にあることで活性化することができるからです。極端に飢餓状態になっているということでなければ、朝食は勉強の後にしましょう。

科学的根拠はまだあります。朝の時間に勉強をするということは、時間が決められています。勉強の後には支度をしてオフィスに向かわなければなりません。つまり、脳内で締め切り効果が発生します。

普段はなかなか覚えられないが、試験の直前になると急に効率がアップするというのはめずらしい話ではありません。この場合も脳内では締め切り効果が発生しているのです。朝に勉強をすることで、この効果を定期的に実感することができます。

また、やはり騒音の中では勉強に集中することはできません。早朝では生活音も静かです。やはり勉強をする際にはこういった静かな環境の方が、より集中することができるのです。

しかし、朝ならば全てよいというわけではありません。例えば、このために睡眠時間を削っている方もよく見かけます。しかし、無理に睡眠時間を減らしては体と心にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

人間は十分睡眠がとれないとストレスを感じます。社会人になると、夜遅くまで残業をしているという方も少なくはありません。中には3時間程度の睡眠で頑張って勉強しているという方もいらっしゃいます。

しかし、成人であれば最低6時間は眠らなければなりません。睡眠は時間も大切ですが、最も大切なのは質です。時間が足りなければ、結果として質も下がります。短くなった分だけ質が向上するというわけではないのです。

睡眠の質が悪ければ、日中も眠気と格闘することになります。それでは業務の遂行能力も下がってしまいます。資格の勉強も大切ですが、そもそも仕事に集中できなければ意味がありません。

このように、早朝に勉強をするというのは科学的にも根拠があります。そのため、わざわざ勉強会を開いている団体もいるくらいです。資格の勉強も効率的に進むでしょう。

ただし、これを行うには必ず6時間以上の睡眠を取るようにしましょう。そうしなければ、逆に効率を下げてしまうことにもなりかねません。効率よく勉強するためにも、ここをしっかり守ることが大切です。