通勤時間

通勤時間など、スキマ時間を利用して資格の勉強に励んでいる方も多いでしょう。では、どうすれば効率よくこれらの時間を活用することができるのでしょうか。

まずは、勉強方法を増やしておくことです。例えば、電車内でノートをテキストを読み込んでいる方もいます。しかし、超満員になっている車内では人に当たってしまうこともあります。つまり、事故やトラブルの原因になってしまう可能性もあるのです。

そのため、超満員の電車などを利用している場合は、頭の中で復習することをおすすめします。とはいっても、いきなり勉強の内容を思い出すというのは案外難しいものです。そこで、前日に目標を決めておきます。そして、翌日のスキマ時間にその内容を覚えているかチェックするようにしましょう。

この勉強方法はいたってシンプルです。何もアイテムを使う必要がありませんので、いつでもどこでも実行することができます。その際には必ず目標を立てておくことがポイントです。例えば、暗記の内容などを翌日に確認しておき、それを頭の中で覚えているかチェックするといった使い方ができます。

また、スマートフォンのアプリを使って資格の勉強をしている方も多いです。今はさまざまなアプリが出ているため、自分に合ったものを選んで使うことができます。それぞれの資格に特化したもの以外に自分でカスタマイズが可能なものもあります。

スマートフォンを使って勉強をする場合、足元などには注意するようにしましょう。画面を見続けることによって注意力が散漫になってしまうケースもあります。また、満員になっている場合はこちらも避けた方が無難です。

そのほか、スマートフォンを使った勉強の方法ではメールの予約送信機能を使っている方も多いです。これは、あらかじめ問題をコピーしておきます。そして、昼休みなど決まった時間にメールが届くように設定をします。

この方法はアプリと併用して使っている方が多いです。スマートフォンのほか、フィーチャーフォンでも使用することができる方法です。メールに打つ際に暗記し、届いた時に問題を解くことで自然と二回学ぶチャンスが生まれます。

このほかにも、語学系の資格を勉強しているのであれば、目についたものを頭の中で翻訳していくなどの方法もあります。例えば、英語で1日のスケジュールを説明できるか考えてみても良いでしょう。

語学であれば、実際に教師なども教育をしてきた方のお話が参考になります。
>>通勤時間に楽しく英語勉強する5つの方法|Englishtown

上記のサイトでも書かれているように、ニュースも日本語以外を選ぶようにするなど、生活の中にうまく取り入れていくのがポイントです。こうすることによって、より効率的に学習していくことができるでしょう。

このように、通勤時間など、いわゆるスキマ時間を利用した勉強方法には複数の方法があります。それぞれを身につけておくことで、さまざまな場所で勉強ができるようになるのではないでしょうか。