集中力を上げるには

効率よく資格の勉強をするためには、集中力を高めることが大切です。集中して行う場合と、そうでない場合では実際に覚えることができる量に大きな差が出るからです。また、集中できないということはモチベーションの低下にもつながってしまいます。

集中力を高めるためには、まず勉強をするのだと脳を切り替えることが大切です。例えば、単純な方法ですが腕まくりをしたり、女性なら髪を結びます。より勉強やすい服装などを心がけるだけでも違います。

例えば、特に集中力が続かないという方は勉強をする専門の場所を用意すると良いでしょう。自室のデスクで勉強しているという場合、普段はパソコンで遊ぶ場所になっていませんか?すると、どうしてもそちらに意識が集中してしまいます。

小さなミニテーブルを購入し、そこを勉強専用にしても良いです。とにかく、勉強をする専用の場所を確保します。ここに座っている時間は勉強をする時間だと脳にインプットさせましょう。

つい他のことに意識が分散してしまうという方は、それをリストアップします。ついパソコンでゲームをしてしまう、スマートフォンで友達に連絡してしまうなどです。勉強中にはそれらを隠してしまうことで意識を集中させることができるようになります。

ほかにも、勉強する時間も大切です。大学などでは1コマの講義時間が90分に決められているところが多いです。これは、人間の集中力は90分を限度にしているからです。つまり、90分以上勉強を続けても集中力が落ちてしまうことになります。

続けて勉強がしたいという場合、集中力が落ちないように勉強の方法を変えます。暗記をやっていたのであれば実際に試験問題を解く、勉強をする範囲を変えるなどでも集中力を維持することができます。

もちろん好きな音楽を聴くなど、自分なりの方法もあります。音楽を聴く場合にはインストゥルメンタルのものを選びましょう。歌詞があるものだと、頭の中で歌詞を追うことに集中してしまいがちなのです、

また、甘いものは脳を活性化させるということで、甘い物を多く食べてしまう方がいます。確かにブドウ糖は脳のエネルギーになります。そのため、甘い物を食べることによって集中力が高まることもあります。

しかし、血糖値が高血糖状態になってしまうと健康にもよくありませんし、実は集中力においても逆効果になってしまいます。実際には血糖値のコントロールを適切にすることが一番なのです。

このように、集中する方法にはさまざまな種類があります。自分に適した方法を見つけると効率もぐっと上がります。