宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者の資格試験の合格率、難易度

宅地建物取引主任者の資格試験の最近の5年間のデータについて見てみると、簡単でもなく、難しくもなくというような感じです。
そして、宅地建物取引主任者の資格試験は、ある程度自己管理して学習すると合格するものであると思います。

この資格試験の申込者は20万人を毎年オーバーしており、他の多くの資格試験と比較しても多くの人が受けています。
システムが大きく変わらない限り、今後とも同程度の合格率、難易度になるのではないかと推測されます。

試験はメインが暗記か?

宅地建物取引主任者の資格試験は、メインが暗記なのでしょうか?
この資格試験の学習した人の経験によると、全体の2割が暗記、8割が理解だったそうです。

特に、宅地建物取引主任者の資格試験に出てくる権利関係のジャンルを暗記にたよると、少しの応用問題にも対応できないそうなので、とにかくメインは理解することが必要だそうです。
とにかく、どうしてこのような規則、判例なのか、どうしてこうなるのか、というような、どうしてのところを明確に自分で理由付けすることができると、自然に理解できるようになります。

そして、どうしても解けない問題があれば、法律を自分が仮に作る場合には正解はどちらなのかという観点から解答すればいいそうです。
それでもミスをすることがありますが、学習を理解ということをメインにして行うと、宅地建物取引主任者の資格試験についてのコツが分かるようになって、正解する割合も高くなります。

試験のためにはどのくらいの勉強期間が必要か?

宅地建物取引主任者の資格試験のためには、どのくらいの勉強期間が必要なのでしょうか?
専門学校の宅地建物取引主任者の資格試験を担当している人に聞いた内容によると、不動産関係の人の場合には、資格試験のための勉強を本格的にお盆明けから始める人が多いそうです。
つまり、2ヶ月くらいの学習期間ということになります。

しかしながら、確実に受かるためには、不動産関係の人でも資格試験のための勉強をお盆よりも早く始めているそうで、この方が統計的に見ても高い合格率になるそうです。
また、主婦や学生の場合などは、毎日少しずつ、半年~1年かけて学習する人が多いそうです。

個人によって1日に学習することができる時間は違っているため、どれが正解ということは言えません。
しかしながら、宅地建物取引主任者の資格試験の学習した人によると、週5日は毎日2.5時間学習し、復習を土日にして、4ヶ月間これを継続したので、合計で約250時間になったそうです。

また、宅地建物取引主任者の資格試験のテキストは、意識して毎日見るようにしていたそうです。
自宅で学習するのが得意でないという場合は、宅地建物取引主任者の資格試験の学習を常に静かな環境を維持することができるようなところで行うことを検討してみましょう。